東北大学 大学院教育学研究科・教育学部

  • サイトマップ
  • アクセス

学部案内 教育課程の案内

東北大学は二学期制をとっています。第1学期は4月1日から9月30日まで、第2学期は10月1日から3月31日までです。1年次の1学期を1セメスター(1セメ)、2学期を2セメ、2年次の1学期を3セメ…4年生の学期を8セメと呼んでいます。標準的には、下図に示したペースで単位を修得して行きます。
また東北大学では、通常の授業を半年履修すると1~2単位が修得できます。卒業のためには、他学部の学生と一緒に受講する全学教育科目を39単位以上、教育学部や他学部で開講されている専門教育科目を86単位以上、合計125単位以上修得しなければなりません。履修する科目は、自分が自由に選択できる科目と、学部全体や所属コースによって必修科目として指定される科目があります。また、指定セメスターとの関わりで履修できない科目もあります。
2年生の2学期(4セメ)になって専門の講義がはじまるころになると、いよいよ各所属コースに分かれます。

共通の学び[1年生~2年生]

入学後、学生は、他学部の学生とともに学問の基盤や幅広い専門的教養を身につけるために「全学教育科目」を履修するとともに、教育学部生共通の知識や研究方法の基礎を学ぶため「学部共通科目」を履習していきます。

所属コース[2年生の2学期]

2年生の2学期になると、所属コースを選びます。コースは「教育学コース」と「教育心理学コース」の大きく二つからなります。学生は、各専門分野の講義を満遍なく履修することで教育学部生としての幅広い教養を身につけるとともに、履修モデルを参照しながら、将来、所属を希望する専門領域の知見を深めていきます。

研究室配属および研究指導[3年生の2学期]

3年生の2学期になると、学生の希望にしたがって、指導教員を選びます。学生は、これまでどおり、近隣の学問領域の講義や演習を受けながら、卒業研究に向けての「研究指導」を受講します。
ここでは、指導教員および関連する専門分野の複数の教員の下で、自分の興味・関心のある研究テーマについての研究を深めていきます。

卒業研究[4年生]

4年生になると卒業研究を行ないます。ほとんどの研究室では、学生の興味・関心にしたがって進めてきたさまざまな文献研究、実験、調査の結果を卒業論文としてまとめて提出しています。

大学院への進学

東北大学教育学部は、全国でも有数の「大学院大学」で、さかんな研究がなされています。学部生の3分の1から4分の1が、毎年、大学院に進学し、自らの専門性を高めてから社会に出ています。
臨床心理士になるための資格を目指すことのできる「臨床心理研究コース」や、教員や教育行政官としての専門性を高めるための「教育設計評価研究コース」など、大学院だけにしかない「研究コース」もあります。詳細は『大学院案内』をご覧ください。