東北大学 大学院教育学研究科・教育学部

  • サイトマップ
  • アクセス
  • Facebook

東北大学 大学院教育学研究科・教育学部 教員

井本 佳宏准教授

IMOTO, Yoshihiro

@
所属講座
教育学
担当分野
教育政策科学
担当コース
学部/教育学コース
大学院/教育政策科学コース

研究内容

教育の制度や組織が変容していく際のメカニズムを明らかにすることを目指して、社会システム理論の視座から研究を進めています。これまで、日本における単線型学校体系の形成過程や、近年の学校経営改革を素材に分析を行ってきました。現在は、中等学校制度改革の日独比較に取り組んでいます。その他、看護師養成を素材に、日本における専門職の養成体制に関する研究なども手掛けています。

授業科目(講義題目)

学部
  • 教育制度論(現代公教育制度の意義・原理・構造とその展開)
  • 比較教育システム論講義(比較教育学概論)
  • 教育政策科学演習Ⅴ(比較教育学の論文を読む)
大学院
  • 比較教育学特論Ⅰ(現代ドイツにおける教育の論点)
  • 比較教育学研究演習Ⅰ (比較教育学の方法論の再検討)

主な研究指導テーマ

  • フィンランド教育の成功の要因に関する研究―フィンランド特別支援教育の社会的基盤に着目して―
  • 母子保健担当保健師の子ども虐待対応マニュアル活用に関する研究
  • 国内外類似制度との比較を通してみる「専門職業大学」構想の特徴と課題
  • 文化系部活動の競技化がもたらす部活体質の変容―高校書道部に着目して―
  • 高大接続改革がもたらす高校教育の変容―大学入学共通テストにおける英語民間試験導入に着目して―

主要業績

  • 「看護師―専門職化にともなう知識の再配置」橋本鉱市(編)『専門職の質保証―初期研修をめぐるポリティクス』玉川大学出版部、2019年、186-215頁。
  • 「初等中等教育行政と学校―学校制度の歴史的展開と初等中等教育の意味―」青木栄一(編)『教育制度を支える教育行政(アクティベート教育学⑤)』ミネルヴァ書房、2019年、31-43頁。
  • 「ドイツ中等学校制度の二経路型化におけるゲマインシャフツシューレの意義―テューリンゲン州の事例による考察―」『学校教育研究』第32号、2017年、92-104頁。
  • 「ドイツにおける生徒数減少期の中等学校配置政策の課題と特質―メクレンブルク・フォアポンメルン州の事例からの考察―」『東北大学大学院教育学研究科研究年報』第65集第2号、2017年、73-85頁。
  • 「学校種の多様化状況における接続の機能」『教育制度学研究』第22号、2015年、32-43頁。
  • 「看護師―量の確保という桎梏」橋本鉱市(編)『専門職の報酬と職域』玉川大学出版部、2015年、181-206頁。
  • 「日本とドイツにおける二分岐型中等学校制度に関するシステム論的考察」『上越教育大学研究紀要』第34巻、2015年、45-52頁。
  • 「旧東ドイツ地域における二分岐型中等学校制度の動向―ザクセン州およびメクレンブルク‐フォアポンメルン州の事例からの検討―」『教育制度学研究』第20号、2013年、152-166頁。
  • 「学校体系の再分岐型化指向をどう読むか―システム論的アプローチによる一試論―」『教育経営研究』第19号、2013年、54-63頁。
  • 「大学における看護師養成カリキュラムの類型モデル」『上越教育大学研究紀要』第32巻、2013年、45-57頁。
  • 「教員組織」石戸教嗣・今井重孝(編)『システムとしての教育を探る―自己創出する人間と社会―』勁草書房、2011年、171-185頁。
  • 「看護師養成の大学化の進展とその課題」『上越教育大学研究紀要』第30巻、2011年、19-28頁。
  • 「学校経営改革における『学校の自律性』の諸相―ルーマン社会システム理論の視座からの分析―」『東北教育学会研究紀要』第13号、2010年、1-14頁。
  • 「看護師―その自給自足的養成体制のゆくえ」橋本鉱市(編)『専門職養成の日本的構造』玉川大学出版部、2009年、84-103頁。
  • 『日本における単線型学校体系の形成過程―ルーマン社会システム理論による分析―』東北大学出版会、2008年。