東北大学 大学院教育学研究科・教育学部

  • サイトマップ
  • アクセス

東北大学 大学院教育学研究科・教育学部 教員

後藤 武俊准教授

GOTO, Taketoshi

@
所属講座
教育学
担当分野
教育政策科学
担当コース
学部/教育学コース
大学院/教育政策科学コース

研究内容

コミュニティ構築という観点から、米国の学校選択論やスモールスクール運動、日本における生涯学習施策の動態について研究を進めてきました。日本と米国では教育制度のあり方が大きく異なりますが、最先端の改革動向においては、「学校をコミュニティにする」という目的において一致しつつあります。それゆえに、この目的の理念的性格や具体的な制度形態、その実現に向けた運動の展開を関連づけて捉えることで、「学校をコミュニティにする」取組の成果と課題、メリット・デメリットなどを明らかにしていきたいと考えています。また、新規テーマとして、日米のオルタナティブな教育機関の制度的条件に関する比較研究にも取り組んでいます。

授業科目(講義題目)

学部
  • 教育学研究入門(教育諸研究への誘い)
  • 教育文献講読(教育文献購読)
  • 教育学実習(教育機関への訪問調査と論文執筆の作法を学ぶ)
大学院
  • 教育課程論(教育課程と教育評価)
  • 教育設計評価合同研究演習Ⅰ(教育設計評価研究の方法(1))
  • 教育設計評価合同研究演習Ⅱ(教育設計評価研究の方法(2))
  • 教育設計評価合同研究演習Ⅲ(教育設計評価研究の実際(1))
  • 教育設計評価合同研究演習Ⅳ(教育設計評価研究の実際(2))
  • 教育課程論研究演習(日米学力政策の比較分析)

主な研究指導テーマ

  • 米国の各州・各学区レベルの教育政策の展開とその思想的背景
  • チャータースクールやスモールスクール等、オルタナティブな教育制度の構築に関する研究
  • 民間企業やNPOとの連携を通じた学校改革運動の展開
  • 学校教育と社会教育の連携に関する事例分析

主要業績

  • 「米国スモールスクール運動の展開にみるオルタナティブな教育制度構築の課題」日本教育学会編『教育学研究』第79巻第2号、2012年、170-181頁。
  • 「中間組織による草の根の教育改革支援―ニューヨーク市のスモール・スクール運動を事例に―」北野秋男・吉良直・大桃敏行編『アメリカ教育改革の最前線―頂点への競争』学術出版会、2012年、215-230頁。
  • 「学習機会の提供を中心とするコミュニティ再生への取組―埼玉県三郷市を事例として―」『琉球大学生涯学習教育研究センター研究紀要:生涯学習フォーラム』第6号、2012年、65-75頁。
  • 「生涯学習・社会教育分野におけるボランティア概念の諸相」『琉球大学生涯学習教育研究センター研究紀要:生涯学習フォーラム』第5号、2011年、41-50頁。
  • 「社会教育・生涯教育論」牛渡淳編『初めて学ぶ 教育の制度・行政・経営論』金港堂、2011年、213-231頁。
  • 後藤武俊「住民による生涯学習の推進とその課題」大桃敏行・背戸博史編著『生涯学習 多様化する自治体施策』東洋館出版社、2010年、56-72頁。
  • 「行政基盤の変動状況における市民主導型生涯学習事業の現状と課題~清見潟大学塾(静岡県静岡市)を事例として~」『琉球大学生涯学習教育研究センター研究紀要:生涯学習フォーラム』第4号、2010年、71-81頁。
  • 「ボランティア・NPOの人材育成・確保に関する基礎的検討-行政とNPOの協働に関する論点を中心に-」『琉球大学生涯学習教育研究センター研究紀要:生涯学習フォーラム』第3号、2009年、55-67頁。
  • 「生涯学習行政における『学習成果の活用』概念の位相-生涯学習関係の審議会答申の分析を中心に-」『琉球大学生涯学習センター研究紀要』第2号、2008年、63-73頁。