東北大学 大学院教育学研究科・教育学部

  • サイトマップ
  • アクセス
  • Facebook

東北大学 大学院教育学研究科・教育学部 教員

島 一則教授

SHIMA, Kazunori

所属講座
教育学
担当分野
教育政策科学
担当コース
学部/教育学コース
大学院/教育政策科学コース

研究内容

  • 教育の経済・社会的効果に関する理論・実証研究
  • 大学進学・奨学金に関する教育経済学的研究
  • 国立大学の機能・財政に関する理論・実証研究

授業科目(講義題目)

学部
  • 教育政策科学演習Ⅱ(教育の経済・社会的効果の計測)
  • 教育学研究入門(教育諸研究への誘い)
  • 教育社会学講義Ⅱ(教育経済学概論)
大学院
  • エデュフェア・マインド(エデュフェア・マインド)
  • 教育政策科学概論(教育政策科学研究の基礎)
  • 教育社会学特論Ⅱ(教育経済学の潮流)
  • 教育社会学研究演習Ⅱ(教育経済学領域における計量分析)
  • 教育政策科学合同演習Ⅰ(教育政策科学研究法)
  • 教育政策科学合同演習Ⅱ(教育政策科学研究法)
  • 教育政策科学特別研究Ⅰ
  • 教育政策科学特別研究Ⅱ

主な研究指導テーマ

  • 教育が有する経済社会的効果(賃金、健康、信頼感、幸福)に関わる研究
  • 国立大学の機能やガヴァナンス・ファイナンス分析(学長選考制度や学長のキャリア形成、競争的資金拡大の功罪)
  • 奨学金の効果研究(学生の収入・支出に与える影響や奨学金返還に関わる延滞発生メカニズム)
  • 大学進学機会の地域間格差の発生メカニズム
  • 塾への投資が学習成果に与える影響
  • 消極的進学の発生メカニズム……など

主要業績

著書(一部)
  • Kazunori SHIMA, [chapter author] 2018, “Changes in Governance and Finance at Japanese National Universities after Incorporation”, Jung Cheol Shin. (Eds.), Higher Education Governance in East Asia Transformations under Neoliberalism. pp.109-123, Springer Nature Singapore Pte Ltd.
  • Kazunori SHIMA, [chapter author] 2017, “Changing Science Production in Japan: The Expansion of Competitive Funds, Reduction of Block Grants, and Unsung Heroes”, Powell, J.W., Baker, D.P. and Fernandez, F. (Eds.), The Century of Science: The Global Triumph of the Research University. pp.113-140, United Kingdom/North America/Japan/India/Malaysia/China: Emerald Publishing Limited.
  • Kazunori SHIMA, [chapter author] 2015, “Students in Mass Higher Education: What Has Changed and What Has Stayed the Same in the Massification of Japanese Higher Education”, Shin, J.C., Postiglione, G.A. and Huang, F. (Eds.), Mass Higher Education Development in East Asia: Strategy, Quality, and Challenges. pp.163-176, Cham/Heidelberg/New York/Dordrecht/London: Springer.
  • Kazunori SHIMA, May 2012,“Working Conditions and Salaries of the Academic Profession in Japan”, Altbach, P.G. et al (Eds.), Paying Professoriate: A Global Comparison of Compensation and Contracts. pp.185-195, Routledge
  • 島一則(編著) 2011.2 『大学とマネー 経済と財政』 玉川大学出版部 382頁

-----

論文(一部)
  • 島一則 2021.3 「大学ランク・学部別の大学教育投資収益率についての実証的研究-大学教育投資の失敗の可能性に着目して-」『名古屋高等教育研究』第21 号,167-183頁。
  • 真鍋亮・島一則・遠藤さとみ 2020.9「地方私立大学で民間企業に就職した男子学生の大学教育投資の期待収益率―平均と分散・変動と安定に着目して―」生活経済学会編『生活経済学研究』,第52巻,19-31頁。(査読付)
  • 呉書雅・島一則・西村君平 2019.6「日本学生支援機構貸与型奨学金の受給が生活時間に与える影響:―傾向スコアマッチングによる検証―」日本高等教育学会編『高等教育研究』,第22集,207-229頁。(査読付)
  • 呉書雅・島一則・西村君平 2019.3「日本学生支援機構貸与型奨学金が大学生の収入・支出に与える影響:プロペンシティースコアマッチングによる検証」生活経済学会編『生活経済学研究』,第49巻,57-73頁。(査読付)
  • 遠藤さとみ・島一則 2019.3「女子の高等教育投資収益率の変化と現状ー時系列変動とライフコース・イベントに着眼した収益率推計ー」生活経済学会編『生活経済学研究』,第49巻,41-55頁。(査読付)
  • 島一則 2018.10「国レベルのスタンダードとしての教育振興基本計画を考える―スタンダードの変容と初中等教育・高等教育の比較から」日本教育行政学会編『日本教育行政学年報』,第44号,27-61頁。(依頼論文)
  • 島一則 2017.3「国立・私立大学別の教育投資収益率の計測」東京大学大学院教育学研究科大学経営・政策コース編『大学経営政策研究』,第7号,1-15頁。(査読付)
  • 濱中義隆・佐藤香・白川優治・島一則[共著]2016.11 「高等教育研究と政策―奨学金研究を題材として―」日本教育社会学会編『教育社会学研究』第99集,71-93頁。(査読付)
  • 島一則 2015.3「教育・学習の経済・社会的効果に関する規定要因の連関構造分析―汎用的能力に注目して―」『大学研究』,第41号,pp.23-36
  • 島一則 2014.3「大卒・大学院卒者の所得関数分析―大学教育経験・学習有効性認識・自己学習投資に注目して―」『大学経営政策研究』,第4号,pp.23-36
  • 島一則 2013.3「教育投資収益率研究の現状と課題-海外・国内の先行研究の比較から-」『大学経営政策研究』, 第3号, pp.17-35
  • 島一則 2012.6 「国立大学財政・財務の動向と課題―法人化後の検証―」『高等教育研究』第15集 49-70頁
  • 島一則 2010.3 「男子の大学進学行動の経済モデル分析─ミクロデータによる検討─」『大学論集』第41集 97-108頁