東北大学 大学院教育学研究科・教育学部

  • サイトマップ
  • アクセス
  • Facebook

東北大学 大学院教育学研究科・教育学部 教員

工藤 与志文教授

KUDO, Yoshifumi

所属講座
教育心理学
担当分野
教育心理学
担当コース
学部/教育心理学コース
大学院/教育心理学コース

研究内容

授業における学力形成の問題について,心理学の立場から研究しています。特に,学習者の認知・思考・推論のあり方が科学的概念の形成に及ぼす影響および学習者の心理的特質を考慮した教授法の開発に関心を持っています。

授業科目(講義題目)

学部
  • 教育心理学講義Ⅰ(知識学習と教授の心理学)
  • 学習心理学講義(学習心理学と教授ストラテジー)
  • 教育心理学演習Ⅰ(教育心理学文献購読)
大学院
  • 教育心理学特論Ⅰ(学習科学からみた効果的な学習法・教授法)
  • 教育心理学研究演習Ⅰ(教育心理学研究の構想と展開1)
  • 教育心理学研究演習Ⅱ(教育心理学研究の構想と展開2)
  • 学習心理学研究演習Ⅰ(思考・推論研究の動向)
  • 教育心理学特別研究Ⅰ
  • 教育心理学特別研究Ⅱ

主な研究指導テーマ

  • 記号操作の「具現化」による表象形式の豊富化とその有効性に関する教育心理学的研究
  • データの変動判断に及ぼす変換操作シミュレーションの効果に関する研究
  • ルールの一般化可能性に及ぼすモデル図の有効性に関する教育心理学的研究
  • 第二言語学習者における「信念依存型誤読」の生起に及ぼす読解方略の影響
  • 歴史学習における知識の構造化の促進に関する研究

主要業績

  • トゥールミンの論証モデルによる教材構成の論理分析.教授学習心理学研究,15(2020)
  • 歴史的事象の推論に及ぼす知識間の関連づけの効果.教授学習心理学研究,15(2020,共著)
  • 教授・学習からみた「支援」の問題.発達支援学研究,1(2020)
  • 発問の視点 『教師のための説明実践の心理学』第6章 ナカニシヤ出版(2019)
  • The Effect of Knowledge Systematization on Learning Scientific Rules: A Case Study Using a Qualitative Approach. Annual Bulletin, Graduate School of Education, Tohoku University, 5(2019,共著)
  • 科学教育 『児童心理学の進歩 2017年版』第6章 金子書房(2017)
  • 「代理的知識操作」としての発問.教授学習心理学研究,11(2015)
  • ルール学習における知識表象の不十分な抽象化とその問題.教育心理学研究,61(2013)
  • 学習者のもつ「素朴概念」と概念変化をうながす教授方略.心理学評論,54(2011)
  • ルール学習と操作的思考.教授学習心理学研究,6(2010)
  • 「誤前提課題」を評価課題に用いた教授学習実験の概観と展望.教授学習心理学研究,4(2008)
  • 『学習者の誤った知識をどう修正するか ―ル・バー修正ストラテジーの研究―』東北大学出版会(2006,共著)
  • 小学生の植物単元学習における単元間の「縦断的関連づけ」の効果.教授学習心理学研究,1(2005)
  • 概念的知識の適用可能性に及ぼす知識操作水準の影響.教育心理学研究,53(2005)
  • 概念受容学習における知識の一般化可能性に及ぼす教示情報解釈の影響.教育心理学研究,51(2003)