東北大学 大学院教育学研究科・教育学部

  • サイトマップ
  • アクセス
  • Facebook

東北大学 大学院教育学研究科・教育学部 教員

若島 孔文教授

WAKASHIMA, Koubun

所属講座
教育心理学
担当分野
臨床心理学
担当コース
学部/教育心理学コース
大学院/臨床心理学コース

研究内容

  1. コミュニケーション理論(語用論)、システム理論(統合情報理論を含む)、社会的相互作用理論などに基づき、心理療法場面、家族関係(動物を含む)、カップル関係、産業・組織におけるストレス、惨事ストレス、いじめ・ハラスメント、心理士と弁護士の協働に関する研究を行っています。
  2. 臨床に関しては、ブリーフセラピー、家族療法、森田療法、行動療法の専門的トレーニングを受け、それらを専門としています。

授業科目(講義題目)

学部
  • 心理検査法(心理検査法の基礎)
  • 臨床心理学講義Ⅰ(臨床心理学講義Ⅰ)
  • 教育心理学実験Ⅰ・Ⅱ(教育心理学実験Ⅰ・Ⅱ)
  • 臨床心理学演習Ⅰ・Ⅱ(臨床心理学研究法)
大学院
  • 臨床心理面接特論Ⅰ・Ⅱ(心理臨床ケースカンファレンス)
  • 臨床心理実習(臨床心理実習)
  • 臨床心理学研究法特論Ⅰ・Ⅱ(臨床心理学の研究方法)
  • 家族心理学特論(家族心理学特論)

主な研究指導テーマ

  • 家族構造と青年のストレスに関する臨床心理学的研究 -家族バランス仮説の生成とその検討- 東北大学大学院教育学研究科博士論文(2013年度)
  • 青年期きょうだい関係に関する家族心理学的研究 -親役割と子役割に着目して- 東北大学大学院教育学研究科博士論文(2014年度)
  • 家族構造と介護者のストレスに関する臨床心理学的研究-家族バランス仮説の応用-  東北大学大学院教育学研究科博士論文(2015年度)
  • 青年期の過剰適応に関する臨床心理学的研究-過剰適応の構造と対人的要因からの検討- 東北大学大学院教育学研究科博士論文(2015年度)
  • 夫婦間顕在的葛藤が青年期の子どもの精神的健康に及ぼす影響に関する研究-日本と中国の比較を通して- 東北大学大学院教育学研究科博士論文(2015年度)
  • 家族関係における社会的勢力と安定性に関する臨床心理学的研究 東北大学大学院教育学研究科博士論文(2016年度)
  • 中年期女性の夫婦間葛藤プロセスに関する研究-日本と韓国の比較を通して- 東北大学大学院教育学研究科博士論文(2016年度)
  • 解決志向短期療法の効果に関する研究-セルフケアツールの開発- 東北大学大学院教育学研究科博士論文(2019年度)

主要業績

著書
  • 若島孔文 2010 家族療法プロフェッショナル・セミナー 金子書房
  • 若島孔文 2011 ブリーフセラピー講義 -太陽の法則が照らすクライアントの「輝く側面」- 金剛出版
  • 長谷川啓三・若島孔文(編) 2013 震災心理社会支援ガイドブック -東日本大震災における現地基幹大学を中心にした実践から学ぶ- 金子書房
  • 東 豊・水谷久康・若島孔文・長谷川啓三 2014 匠の技法に学ぶ 実践・家族面接 日本評論社
  • 若島孔文 2016 12 社会心理学的疾患 ひきこもり, 五十嵐 隆(編) 小児科診療ガイドライン -最新の診療方針- [第3版] 総合医学社, pp.584-587.
  • 若島孔文 2018 第8章システミック・アプローチ, 野島一彦・繁桝算男(監修)・野島一彦・岡村達也(編) 公認心理師の基礎と実践3 臨床心理学概論 遠見書房, pp.99-112.
  • 若島孔文・長谷川啓三 2018 新版 よくわかる!短期療法ガイドブック 金剛出版
  • ソバーン, J.W. & セクストン, T.L. 著〔若島孔文・野口修司 監訳〕 2019 家族心理学 -理論・研究・実践- 遠見書房
  • 若島孔文 2019 短期療法実戦のためのヒント47 -心理療法のプラグマティズム- 遠見書房
論文
  • 若島孔文 2014 東日本大震災における長期的・継続的な心理社会支援のあり方について 家族心理学年報, 32, 163-175.
  • 若島孔文 2014 東北大学PTGグループの活動 -家族療法の経験がどう役立つか- 家族療法研究, 31(1), 106-109.
  • 若島孔文 2014 家族療法・ブリーフセラピー的発想のすすめ こころの科学, 176, 10-13.
  • Zhang, X., Kozuka, T., & Wakashima. K. 2014 Family structure and ownership of a dog. International Journal of Brief Therapy and Family Science, 4(1), 11-18. https://doi.org/10.35783/ijbf.4.1_11
  • Wakashima, K., Kobayashi, T., Kozuka, T., Noguchi, S., Ikuta, M, Ambo, H., & Hasegawa, K. 2014  Longitudinal Study of the Stress Responses of Local Government Workers Who Have Been Impacted by a Natural Disaster. International Journal of Brief Therapy and Family Science, 4(2), 69-94. https://doi.org/10.35783/ijbf.4.2_69
  • 若島孔文 2015 いま別れの時にいる君への手紙 長年飼っていたペットに死なれた君へ 「児童心理(2月号)」 「特集 子どもと「別れ」」, 998, 222-223.
  • Kobayashi, D., Takagi, G., & Wakashima, K. 2016  Approach to a stomachache: The case of teenager was diagnosed with irritable bowel syndrome. International Journal of Brief Therapy and Family Science, 6(1), 11-20. https://doi.org/10.35783/ijbf.6.1_11
  • Wakashima, K., Sakamoto, K., Hiraizumi, T., Itakura, N., Ikuta, M., Sato, K., & Hanada, R. 2018 Attempt to apply Integrated Information Theory to family system : Focus on marital relationship. International Journal of Brief Therapy and Family Science, 8(2), 49-69. https://doi.org/10.35783/ijbf.8.2_49
  • Wakashima, K., Asai, K., Hiraizumi, T., & Noguchi, S. 2019 Trajectories of psychological stress among public servants after the Great East Japan Earthquake. Palgrave Communications 5, Article Number 37. https://doi.org/10.1057/s41599-019-0244-7|www.nature.com/palcomms
  • Yokotani, K., Takagi, G., & Wakashima, K. 2019 Nonverbal synchrony of facial movements and expressions predict therapeutic alliance during a structured psychotherapeutic interview. Journal of Nonverbal Behavior, 44(1), 85-116. https://doi.org/10.1007/s10919-019-00319-w