東北大学 大学院教育学研究科・教育学部

  • サイトマップ
  • アクセス
  • Facebook

東北大学 大学院教育学研究科・教育学部 教員

鷲谷 洋輔准教授

WASHIYA, Yosuke

所属講座
教育学
担当分野
人間形成論
担当コース
学部/教育学コース
大学院/生涯教育科学コース

研究内容

フィールドについて書き出す研究者の視線には、<記述を積み上げるほどに、知識もまた積み重なる>という設定に頼るところが少なくありません。ならば、記述を削り落とすような研究実践は、これまでとは別様の知のありようを提起できるのではないでしょうか。そんな研究の構えを「薄い記述の実践」とし、その可能性を切り拓くことを目指しています。それは徹底してフィジカルで、ローアングルで、あいまいさやアンビバレントを抱えるものになるでしょう。そこに日本的な土壌に根差した知の可能性を感じています。

研究テーマ:身体化・コミュニケーション・自然・(フィルム)エスノグラフィー、質的研究
----------

My research primarily focuses on qualitative methods and methodologies to understand modality of the body and broad physical practices. By conducting ethnographic inquiries, my research focuses on capturing how bodily movements become techniques and are passed between people within the intersecting dimensions of the physical, cultural, social and corporeal in our everyday lives.

Research interests: ethnography, bodily techniques, embodiment, nature/human dichotomy

授業科目(講義題目)

学部
  • 生涯学習論演習Ⅳ(身体文化とエスノグラフィー)
大学院
  • エデュフェア・マインド(エデュフェア・マインド)
  • スポーツ文化論特論Ⅱ(からだで学ぶということ)
  • スポーツ文化論研究演習Ⅱ(身体文化をめぐる方法論)
  • 生涯学習論合同演習Ⅰ(生涯学習研究の新動向)
  • 生涯学習論合同演習Ⅱ(生涯学習研究の新動向)
  • 生涯教育科学特別研究Ⅰ
  • 生涯教育科学特別研究Ⅱ

主要業績

論文
  • 鷲谷洋輔, (2020). 「体感のアンビバレント」, 『社会学論叢』,日本大学社会学会編, 198 号
  • Washiya, Y. (2017). Playing together to be able to play- Extending field-based inquiry from the post conflict Bosnia and Herzegovina. Qualitative Research in Sport, Exercise and Health
  • Washiya, Y. (2015): Legacy and legitimacy: historical ethnography of a judo dojo in Montréal, Canada. Sport in Society.
共著
  • Washiya, Y. (2017). Shaky footages from the field – Experience of film ethnography in a judo gym. in Digital Qualitative Research in Sport and Exercise, Routledge, Edited by Andrea Bundon